花粉症とその予防法

1 花粉症とは

花粉症は、特定の植物の花粉に対して人間の体が起こすアレルギー反応です。
人間の身体は、外から侵入してくる異物に対して、それを排除し身体を守ろうとする働きがあります(免疫反応)。
この免疫反応が、過剰に反応して花粉を可能な限り体外に放り出そうとします。そのためくしゃみで吹き飛ばす、鼻水で洗い流す、鼻腔内に入れないよう防御するなどの症状が出てくるのです。主な症状は次のとおりです。

①アレルギー性鼻炎  :くしゃみ、鼻水、鼻づまり など
②アレルギー性結膜炎:目のかゆみ、流涙 など

2 花粉症のメカニズム

①大気中に飛散したスギやヒノキなどの花粉が鼻などの粘膜に付着すると、これを排除するための物質(IgE抗体)※が作られます。
②この物質は、花粉を何年も繰り返し吸い込むことによりどんどん作られ、体内に蓄積されると同時に鼻の粘膜にある肥満細胞と結合します。
③一定量に達した後、再び花粉が体内に侵入すると、肥満細胞の表面に結合したIgE抗体と反応します。
④そうすると肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉を可能な限り体外に放り出そうとします。
⑤その結果、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水で洗い流す、鼻腔内に入れないよう防御するなどの症状が出てきます。
 

※特異IgE抗体というタンパク質で、いわば「体内に侵入した異物を認識する物質」です。

このような症状がいったん発症してしまうと、毎年花粉症に苦しむことになります。
花粉症にかからない人もいますが、現在花粉症になっていない人も花粉飛散に対して予防したほうが、将来の発症を防ぐことができます。花粉症は、普段の日常生活に大きく影響しますので、ぜひ予防に心掛けてください。
 

3 花粉症の予防対策

◆花粉を防止する専用マスクを着用する
 鼻、口からの花粉の侵入を防ぎます。濡れマスクを併用することで、乾燥した日には外気、花粉から喉を守ることができます。

◆めがね(花粉防止専用)を着用する
 花粉症専用のものではなくても、サングラスやめがねをするだけで花粉が目に入る量が抑えられると言われていますので、手持ちのものを利用しても良いと思います。

◆外出する時に注意する
 外出する際には、帽子・マスク・メガネ・マフラー等を着用し、花粉を引き寄せる毛織物の上着・コート類は避けて、表面がすべすべした綿やポリエステル等の化学繊維素材の服を着用します。帰宅した際は、玄関で洋服をそっと脱ぎ、ドアを開けて洋服だけを外に出した状態で花粉を払い落とします。また、手洗い、うがい、洗顔も効果的です。

◆花粉の時期はなるべく洗濯物を外に干さない
 外に干した洗濯物をよく叩き花粉を落とすのもいいですが、着花粉量が減っても発症量以上の花粉が付けば意味が無くなってしまうので、花粉症のひどい方は乾燥機などを使用することをお勧めします。

◆免疫機能の保持に努める
 充分な睡眠等の生活習慣を維持する事やストレスを貯めない事が正常な免疫機能の保持に重要です。

◆鼻の粘膜を守る
 お酒の飲みすぎ,タバコを控える事も鼻の粘膜を正常に保つために重要です。  

 

★治療法(厚生労働省「花粉症Q&A集」より)

花粉症にはどんな治療法がありますか。
花粉症の治療には、医療機関で行う薬物療法、手術治療、減感作療法があります。しかし、治療を行うことと平行して、自らが花粉の暴露から身を守ることが前提となることはいうまでもありません。
早く治療すると、どのようなメリットがあるのですか。
花粉症の症状が起こりはじめたごく初期では、鼻粘膜にまだ炎症が進んでおらず、この時期に治療を開始すると粘膜の炎症の進行を止め、早く正常化させることができるため、花粉症の重症化を防ぐことができます。

 

 

Back to top